icon-contact Callback
icon-mail info@yokomarket.com
1 USD = 106 JPY

(CD) タイムレス / 演奏:シェオナ・ホワイト (テナー・ホーン)

¥ 2 480.00
Наличие товара: Есть
Состояние товара: Новый
Доставка по Японии: Бесплатно

※決済完了後またはご入金確認後すぐに商品を発注いたします。そのため原則として決済および入金後のキャンセルは受け付けておりません。ご了承下さい。

※こちらのCDは直輸入盤です。為替レートにより販売価格が予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

■原題:Timeless

■指揮者:デヴィッド・キング (David King)

■演奏団体/演奏者:テナーホーン:シェオナ・ホワイト(Sheona White)
ピアノ:ラス・ウェッブ(Ruth Webb)
ブリッグハウス&ラストゥリック・バンド(Brighouse & Rastrick Band)

■レーベル:Sheona White(自主制作)

■発売年:2018年

■納期目安:在庫がある場合1-2営業日で出荷

■WBP Plus!レビュー

テナーホーン奏者なら知らない人はいないであろうレジェンド、シェオナ・ホワイト。数々の輝かしい賞を受賞してきた奏者で、2001年に発売されたCD「ヴォイス・オブ・テナー・ホーン(The Voice of the Tenor Horn)」は今でも売れるロングセラー商品となっています。

そんなシェオナが長い時を経て2018年に遂にリリースしたセカンド・アルバムがこの「タイムレス(Timeless)」。今回は自主制作盤となっており、Wind Band Press、WBP Plus!を運営するONSAでは彼女から直接仕入れることが出来ました。

久々というには久々過ぎるまさに待望のセカンド・アルバム、ワクワクドキドキしながら再生ポチ・・・冒頭まさにその一音、「うわあーーーーーーーー!!!」と叫びたくなる(家族が後ろでくつろいでいたので叫べなかったけど)、その音!そして紡ぎ出されるその音楽!パーフェクト・・・これがパーフェクト・・・だ・・・ッッ・・・!!!!と嬉しさをかみしめずにはいられない、神々しい演奏に声も出ない、涙と汗は出る、そんな演奏・・・このCDはまさしく「タイムレス」。一生聴き続けることが出来るアルバムでしょう。

穏やかでしっとりと聴かせる作品からアップテンポな作品まで幅広く収録されていて、どんな表現もパーフェクトに心に届けてくれる演奏ですが、特にスパークの「アリア」やゴーランドの「バラード」は染みすぎて泣ける?!!これだけでも聴く価値ありやで・・・

2018年当時に在籍していたブリッグハウス&ラストゥリック・バンドがバックを務めていますが、彼らとの距離感も良く、見事にシェオナを支えています。(指揮者もファースト・アルバムと同じデヴィッド・キングだしね!)

この貫禄、まさにテナーホーンの女王。日本にテナーホーン奏者は少ないと思いますがもちろん必携、そのほかの金管奏者も当然のごとく必携、さらにはすべての音楽ファンにぜひとも聴いていただきたい、至高の一枚です。

これが神の恵みか・・・

ちなみにクレジットを見ると副プロデューサーにあのグレン・ヴァンローイがクレジットされていたりします。

■収録曲:

1. セプテンバー・ファンタジー:エリック・ボール
 September Fantasy:Eric Ball

2. アリア:フィリップ・スパーク
 Aria:Philip Sparke

3. チキータ・ダンス:ブラムウェル・トーヴェイ
 Chiquita Dances:Bramwell Tovey

4. バラード:ジョン・ゴーランド
 Ballade:John Golland

5. サンデー・イン・ザ・パーク:フィリップ・スパーク
 Sunday in the Park:Philip Sparke

6-8. テナーホーン協奏曲:デリック・ブルジョワ
 Concerto for E flat Horn and Brass Band:Derek Bourgeois

9. アヴェ・マリア:J.S.バッハ/グノー(編曲:アンドリュー・ベイカー)
 Ave Maria:J.S. Bach / Gounod (arr. Andrew Baker)

 


※決済完了後またはご入金確認後すぐに商品を発注いたします。そのため原則として決済および入金後のキャンセルは受け付けておりません。ご了承下さい。

※こちらのCDは直輸入盤です。為替レートにより販売価格が予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

■原題:Timeless

■指揮者:デヴィッド・キング (David King)

■演奏団体/演奏者:テナーホーン:シェオナ・ホワイト(Sheona White)
ピアノ:ラス・ウェッブ(Ruth Webb)
ブリッグハウス&ラストゥリック・バンド(Brighouse & Rastrick Band)

■レーベル:Sheona White(自主制作)

■発売年:2018年

■納期目安:在庫がある場合1-2営業日で出荷

■WBP Plus!レビュー

テナーホーン奏者なら知らない人はいないであろうレジェンド、シェオナ・ホワイト。数々の輝かしい賞を受賞してきた奏者で、2001年に発売されたCD「ヴォイス・オブ・テナー・ホーン(The Voice of the Tenor Horn)」は今でも売れるロングセラー商品となっています。

そんなシェオナが長い時を経て2018年に遂にリリースしたセカンド・アルバムがこの「タイムレス(Timeless)」。今回は自主制作盤となっており、Wind Band Press、WBP Plus!を運営するONSAでは彼女から直接仕入れることが出来ました。

久々というには久々過ぎるまさに待望のセカンド・アルバム、ワクワクドキドキしながら再生ポチ・・・冒頭まさにその一音、「うわあーーーーーーーー!!!」と叫びたくなる(家族が後ろでくつろいでいたので叫べなかったけど)、その音!そして紡ぎ出されるその音楽!パーフェクト・・・これがパーフェクト・・・だ・・・ッッ・・・!!!!と嬉しさをかみしめずにはいられない、神々しい演奏に声も出ない、涙と汗は出る、そんな演奏・・・このCDはまさしく「タイムレス」。一生聴き続けることが出来るアルバムでしょう。

穏やかでしっとりと聴かせる作品からアップテンポな作品まで幅広く収録されていて、どんな表現もパーフェクトに心に届けてくれる演奏ですが、特にスパークの「アリア」やゴーランドの「バラード」は染みすぎて泣ける?!!これだけでも聴く価値ありやで・・・

2018年当時に在籍していたブリッグハウス&ラストゥリック・バンドがバックを務めていますが、彼らとの距離感も良く、見事にシェオナを支えています。(指揮者もファースト・アルバムと同じデヴィッド・キングだしね!)

この貫禄、まさにテナーホーンの女王。日本にテナーホーン奏者は少ないと思いますがもちろん必携、そのほかの金管奏者も当然のごとく必携、さらにはすべての音楽ファンにぜひとも聴いていただきたい、至高の一枚です。

これが神の恵みか・・・

ちなみにクレジットを見ると副プロデューサーにあのグレン・ヴァンローイがクレジットされていたりします。

■収録曲:

1. セプテンバー・ファンタジー:エリック・ボール
 September Fantasy:Eric Ball

2. アリア:フィリップ・スパーク
 Aria:Philip Sparke

3. チキータ・ダンス:ブラムウェル・トーヴェイ
 Chiquita Dances:Bramwell Tovey

4. バラード:ジョン・ゴーランド
 Ballade:John Golland

5. サンデー・イン・ザ・パーク:フィリップ・スパーク
 Sunday in the Park:Philip Sparke

6-8. テナーホーン協奏曲:デリック・ブルジョワ
 Concerto for E flat Horn and Brass Band:Derek Bourgeois

9. アヴェ・マリア:J.S.バッハ/グノー(編曲:アンドリュー・ベイカー)
 Ave Maria:J.S. Bach / Gounod (arr. Andrew Baker)

 
■原題:Timeless

■指揮者:デヴィッド・キング (David King)

■演奏団体/演奏者:テナーホーン:シェオナ・ホワイト(Sheona White)
ピアノ:ラス・ウェッブ(Ruth Webb)
ブリッグハウス&ラストゥリック・バンド(Brighouse & Rastrick Band)

■レーベル:Sheona White(自主制作)

■発売年:2018年

■納期目安:在庫がある場合1-2営業日で出荷

■収録曲:
1. セプテンバー・ファンタジー:エリック・ボール
2. アリア:フィリップ・スパーク
3. チキータ・ダンス:ブラムウェル・トーヴェイ
4. バラード:ジョン・ゴーランド
5. サンデー・イン・ザ・パーク:フィリップ・スパーク
6-8. テナーホーン協奏曲:デリック・ブルジョワ
9. アヴェ・マリア:J.S.バッハ/グノー(編曲:アンドリュー・ベイカー)